児童虐待や性的人身売買との闘い

NGOは、児童虐待と戦うためにブライトデータを使用しています。あるNGOの顧客は、ソーシャルメディアからさまざまな公開オンラインデータを収集し、出会い系サイトやエスコートサイトを利用して、子供の被害者を特定しています。あらゆる都市から大量のプロフィール投稿を迅速に収集し、搾取された疑いのある子供たちの画像を保存し、法執行のために各被害者に関するすべての蓄積データをバンドルします。このNGOは、警察官が過去数年間に人身売買の被害者である約15,000人の子供を特定し、1日あたり平均10人の子供がいると報告しています。

採用の多様性

別のNGOは、Bright Data収集ツールを使用して、過小評価されている求職者と多様性と包括性に取り組んでいる雇用主を結び付けています。このNGOは、企業の多様性慣行に関する求人情報とデータを集約することにより、最大の多様性人材と雇用データベースを作成しました。彼らのデータベースは、企業が多様な求職者を採用して維持し、多様性戦略とトレーニングを管理し、多様性を促進する企業パートナーシップを構築するのに役立ちます。

腐敗防止と行方不明者の捜索

Another NGO is using Bright Data to fight corruption in a Latin American country. This NGO uses Bright Data to assist families in collecting data on missing persons, in a country where tens of thousands of people are reported missing, but whose names have been erased from government records. A second way this NGO is fighting corruption with Bright Data is by enabling earches regarding a politician's publicly-available conflicts of interest and assets.

シンプルなご利用開始フローです!